練習内容

 

以下、自主練習風景
1. 基本練習

突き、蹴り、受けを中心に少林寺拳法における基本的な動作を反復して行います。
また、相対(2人組)での練習も行い、実際の距離感や感覚を養います。

突き、蹴りなどの基本練習の様子 

2. 鎮魂行

自分自身の行いを振り返るとともに、少林寺拳法の教えを確認します。
また、精神を落ち着かせてゆっくりと呼吸を整えるすることで、修行に対する集中力を高めます。 

 鎮魂行の様子1   鎮魂行の様子2  

3. 術科

相対(2人組)で少林寺拳法の技術を習得します。
少林寺拳法の技は主に、突き・蹴り・受けなどの”剛法”と、抜き・投げ・固めなどの”柔法”から構成されます。

[術科] 小手巻返の様子   [術科] 縛法の様子

 

4. 受身

投げられたときのダメージを最小限にする技術です。

[術科] 前回り受身1   [術科] 前回り受身2

5. 乱捕り

基本練習・術科で習得した動きを、実際に活かすための練習です。
力や体力に依存する攻防ではなく、自分の力を効率良く活かすための動きを習得します。

乱捕りの様子   胴へ突き/蹴りする様子

6. 演武

術科で習得した技を組み合わせて武を演じます。 毎年、夏に開催される東京都大会に出場しています。

7. 整法

整体術です。生活習慣や偏った動きなどで歪んでしまった体を整えます。

*通常 は上記1~7の組み合わせで練習を行います。
*日によって練習内容は異なります。


見学を希望の方はこちらからお申込みください。
>>> 見学のお問合せ <<<