道場の沿革

 

- 少林寺拳法誕生から渋谷笹塚道院が発足するまでの軌跡 -

東京都における少林寺拳法の活動は、1956年4月、高松市の玉藻道院長(当時)であった内山滋先生が「東京を拠点にして広く関東一円に少林寺拳法を普及したい」という開祖の意を受け、骨を埋めるつもりで家族とともに上京されたことから始まりました。

しかしその頃、関東では少林寺拳法を知る人はほとんどいませんでした。その上、既存の武道勢力が根を張っていて、道場破りなども横行しており、道場開きは容易ではない状況にありました。

その状況下で内山先生は、上京して一年後の1957年5月に東京道院をスタ-トさせました。これが、東京港道院東京祖師谷道院の前身であり、関東に初めて誕生した道院でした。以来多くの優秀な指導者を輩出し、関東での少林寺拳法の発展に大きく貢献し ました。

現在では東京港道院東京祖師谷道院の初代道院長である内山滋先生から東京港道院は島崎彰久先生に、東京祖師谷道院は朝倉琢磨先生に道院長を交代しました。その後2001年には東京港道院から渋谷笹塚道院と名称を変更し、拳士一丸となってさらなる発展を続けています。

1947年
・香川県多度津町に日本北派少林寺拳法誕生

1948年
・正式に日本北派少林寺拳法会発足
・宗教団体黄卍教団発足

1952年
・内山滋 第35期生として入門
・玉藻道院設立
・仏生山分道院設立

1957年
・東京道院設立
東京道院設立
・世田谷区上馬一丁目に道院移転
世田谷区上馬での道院幹部
世田谷区上馬での道院拳士
香川県育英会東京学生寮少林寺拳法部創部
香川県育英会東京学生寮少林寺拳法部創部

1960年
・港区体育館使用

1962年
・新宿区体育館使用

1963年
・カッパブックス「秘伝少林寺拳法」光文社より刊行
・社団法人日本少林寺拳法連盟設立
・高円寺体育館使用

1965年
・世田谷区祖師谷一丁目に道院移転

1966年
・本部第一練成道場竣工

1968年
・渋谷区幡ヶ谷一丁目に移転

1970年代初め頃 道院長と拳士たち
道院長と拳士たち

1975年
・東映映画「少林寺拳法」千葉真一 主演 封切り

1980年
・開祖急性心不全のため永眠
第二世菅長・連盟会長・禅林学園理事長に宗由貴先生(現総裁)が就任

1992年
・財団法人少林寺拳法連盟設立
・内山滋 九段位 允可

1998年
・勲五等端宝章 叙勲

2001年
・島崎彰久代務へ、東京港道院は渋谷笹塚道院へ名称変更

2002年
・内山滋 大法師 任命

2005年10月 達磨祭
達磨祭